Entries

智者猫の危機管理

ある‟ひとり暮らしの高齢者”は、娘さんに言ってるそうである。
「わたしがひとりで死んでいても悲しむことはない。それで満足しているし、幸せなんだから」

誰もがポックリ逝くわけでもないが、ひとり暮らしにはそんな想いがあるのだ。
だからそれぞれの「わろてんか」人生を、サポートしてやりたいんだよね。

つまり、【遠い親戚より近くの他人】とは、ほんに的を得たことわざなのだ。
いざというときに頼りになるのは、遠くで暮らす親類ではなく、近所に住んでいる人たちだもんね。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://marusan9.blog56.fc2.com/tb.php/4257-8fed7e01
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Monthly Archives

Profile

mr.k1

FC2ブログへようこそ!

Extra

Google AdSense

智者猫の街道筋

自分への旅Ⅱ

プロフィール

mr.k1

Author:mr.k1
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

コラブロ

コメットーク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト

FC2ニュース

サッカーNEWS

ブログ内検索